鵲巣居

アクセスカウンタ

zoom RSS

<<   作成日時 : 2015/12/16 23:12   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像


かなり前ですがある古美術商の大先輩が器物の観方を教えてくれました。

「口から発している気。
そこに気品があるかどうか。
一番最初に目につくのは「形」でもなく「色」でもない。
口である。」

これをお聞きする前もきっとそう見ていたのかもしれませんが、意識して観ると「口」に目が行っているようです。

先日、来年のアートフェア東京の関連行事の打ち合わせで伊藤秀人さんの工房を訪ねました。
轆轤を挽いているところを撮影させていただきましたがやはり口造りに一番時間をかけて取り組んでいたのが印象的でした。
気品と色気を感じる口造りでした。

月別リンク

口 鵲巣居/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる