北大路魯山人先生 備前花入・備前大鉢 「魯山人と古美術」より

「備前焼の特徴は、なんと言っても、土そのものが世界に類なきものである。」
0119.jpg
備前の魅力を「土に変化があり、味わいがある。備前は火と土の微妙な関連によって、間然するところなき美をもたらす。
 渋い奥行きのある色は、単なる手芸の域では、もはや出すことはできない。一にかかって作家の芸術的才能の問題である。」
と魯山人先生は述べている。

この花入は下部より引き上げられた土の塊をそのまま残して景色としているのが特徴である。通常のものよりも小さめで自然釉がパラパラとかかっている。底部には数条の藁が掛けられていて緋色に発色している。地味な佇まいであるが花映するように考えられている作品である。


0130.jpg

中央に大きな牡丹餅になるように皿か煎餅と言われるものを置いて焼成している。引っ付かないように藁を配した部分が緋襷となって景色を織り成している。

0127.jpg

使う前に水で濡らして見ればその美しさに心打たれる。魯山人先生は現代備前で見られるような華美な窯変の景色を好まずこうした備前の土味を最大限生かした作品を残している。

この記事へのコメント