須恵器細頸瓶 「魯山人と古美術」より

日本のやきものの大きな転換期は何度もありました。
0152.jpg

古墳時代に朝鮮半島からもたらされた須恵器は「高温度焼成」と「轆轤」と「還元」と「窖窯(穴窯)」の賜物です。
縄文や弥生や埴輪にはなかった革新的な技術です。

かりっと焼締られた灰青色の肌に濃緑色の自然釉が胴部までかかっていますが、一筋だけが底部にまで垂れていて景色の妙を作っています。
不安定な丸底も可愛げでどんな野花でも合いそうです。

この記事へのコメント