魯山人と古染付

「他人に借りては印刷工場に持ち出すため完全を期しにくい。借り物では自由にならない。これが自己所蔵から選んだ理由である。」 魯山人先生は昭和6年京都便利堂印刷から、自分の古染付コレクションだけを所載した「古染付百品集」の上巻を、翌年には下巻を刊行しました。上下とも青海波に桜花を散らした、布張り秩入りで自装の拘った作品集でした。 …
コメント:0

続きを読むread more

永楽和全 梅画圓形鉢 「魯山人と古美術」より

梅には「不屈の精神」「忍耐」という花言葉があるそうです。 現在のコロナ禍の世界に向けて人々が持つべき心掛けです。 今は「忍耐」の時であり、これを乗り越えて行こうという一人の「不屈の精神」は刺激となって多くの人に伝わっていく。またそれがさらに大きな力になって越えられないものが越えられる。 世界中の人々が1日も早く平穏…
コメント:0

続きを読むread more

南京赤絵唐子文向付 五 「魯山人と古美術より」

南京がある江蘇省から南下すること430㎞、江西省に陶磁器最大の産地、景徳鎮があります。 唐の後の五代には、すでに青瓷や白瓷などが作られ、長い歴史を持つ景徳鎮では明時代には「御器廠」と言われる官窯が置かれ、青花や五彩の陶磁器の名作が作られました。 官窯とは政治の支配下によって管理されている陶窯ですが、一方で民間で管理されていた景徳…
コメント:0

続きを読むread more

須恵器細頸瓶 「魯山人と古美術」より

日本のやきものの大きな転換期は何度もありました。 古墳時代に朝鮮半島からもたらされた須恵器は「高温度焼成」と「轆轤」と「還元」と「窖窯(穴窯)」の賜物です。 縄文や弥生や埴輪にはなかった革新的な技術です。 かりっと焼締られた灰青色の肌に濃緑色の自然釉が胴部までかかっていますが、一筋だけが底部にまで垂れていて景色の妙を作…
コメント:0

続きを読むread more

鶏龍山茶碗 「魯山人と古美術」より

愛陶家の垂涎の的に鶏龍山のやきものがあります。 昭和9年の魯山人家藏古陶磁図録を見ると「鶏龍山絵刷毛目徳利」「鶏龍山絵刷毛目壺」「刷毛目茶碗」をコレクションされていたことがわかります。 魯山人先生は大正時代には既に刷毛目などの作品がありますが少し硬めの作風でした。 昭和3年には一ヶ月間も長男の桜一、荒川豊藏先生、星岡窯の登…
コメント:0

続きを読むread more