鶏龍山茶碗 「魯山人と古美術」より

愛陶家の垂涎の的に鶏龍山のやきものがあります。 昭和9年の魯山人家藏古陶磁図録を見ると「鶏龍山絵刷毛目徳利」「鶏龍山絵刷毛目壺」「刷毛目茶碗」をコレクションされていたことがわかります。 魯山人先生は大正時代には既に刷毛目などの作品がありますが少し硬めの作風でした。 昭和3年には一ヶ月間も長男の桜一、荒川豊藏先生、星岡窯の登…
コメント:0

続きを読むread more