魯山人と古染付

「他人に借りては印刷工場に持ち出すため完全を期しにくい。借り物では自由にならない。これが自己所蔵から選んだ理由である。」 魯山人先生は昭和6年京都便利堂印刷から、自分の古染付コレクションだけを所載した「古染付百品集」の上巻を、翌年には下巻を刊行しました。上下とも青海波に桜花を散らした、布張り秩入りで自装の拘った作品集でした。 …
コメント:0

続きを読むread more